たまりば

  日記/一般 日記/一般  三鷹市 三鷹市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2013年05月31日

NHK技研公開 2013 (東京・世田谷区)

NHK技研公開2013 ~期待、見たい、感じたい~
http://www.nhk.or.jp/strl/open2013/index2.html

dc053101~053102 我家から行きの経路、吉02・成06・渋24系統小田急バス、千歳烏山駅・成城学園前駅北口・渋谷駅行き。
dc053103~053104 NHK技術研究所のバス停と正面
dc053105~053108 スーパーハイビジョン関連の展示(2020年に向けた8Kの映像システム)
dc053109 インテグラル立体テレビの展示
dc053110 吉02系統小田急バス、吉祥寺行きバス停。

詳細、写真は
>2013.5.31 NHK技研公開 2013 (東京・世田谷区)
http://1481.web.fc2.com/dejikame1a016.htm
より

  


  • Posted by やまちゃん at 19:41Comments(3)

    2013年05月25日

    「皇居の奉仕でご先祖に会えた」レポートの総まとめ

    先に私から紹介しました
    >ブラジルから「皇居の勤労奉仕」来日に日伯ML仲間とオフ会交流
    http://yama1481a.tamaliver.jp/e346618.html
    は、文面の中で「皇居勤労奉仕のご案内」http://www.kunaicho.go.jp/event/kinrohoshi.html に示しますよう
    「皇居の奉仕でご先祖に会えた」の第一部では
    https://www.facebook.com/shinzo.tomita?hc_location=stream は、
    http://groups.yahoo.co.jp/group/watasitatino40nen/message/32634 へ変更
    そしてYahoo!ブログから
    http://blogs.yahoo.co.jp/stomita2000/24662858.html
    は、W40の富田さんが、第一部から第三部まで、要点をご苦労して纏めました。
    和田さん&私たちの40年の皆さん
    皆さんは皇居内の清掃が全国のボランティアの方々によって行われていることをご存じだろうか?「皇居勤労奉仕」と呼ばれる清掃作業は、終戦の年の12月から連続して行われています。今回、ブラジル在住の友人・徳力啓三氏を団長とする、勤労奉仕団が皇居の清掃にはるばるブラジルから来日しました。

    第二部
    http://groups.yahoo.co.jp/group/watasitatino40nen/message/32648

    http://blogs.yahoo.co.jp/stomita2000/24666793.html
    では、徳力啓三(ブラジル日本会議・第7回皇居勤労奉仕団団長)さんのリーダーの下、ご夫婦の素顔写真が皆様方へ語りかけるように、
    皇居の勤労奉仕は朝8時、皇居内の窓明館(ソウメイカン)に全員集合して、その日の段取りの説明を受けることから始まります。窓明館は皇居を参観する人々が参観の説明を受ける場所でもあるので、一般に開放されている東御苑にあります。
     何しろ皇居は120ヘクタールもあるので、仕事現場まで、2キロほど歩くのです。昼食時にはまた同じ場所に戻ってくるので、この往復に4時間かかる、と徳力氏は書いています。その行き返りが格好の皇居観光だった、とも同氏は書いています。

    第三部の最終編として
    http://groups.yahoo.co.jp/group/watasitatino40nen/message/32709

    http://blogs.yahoo.co.jp/stomita2000/24677191.html
    から、
    徳力さんは本稿の最後に、こう書いています。「万世一系の天皇家はやっぱり私らのご先祖と繋がっています。したがって私はこの度の「皇居の奉仕」でご先祖に会ったことになります。
    間違いなく私はご先祖に会ったと思います」。
    「ご先祖に会った」ということは、取りも直さず「自分の身元を知った」ことになるのです。
    「真の日本人はブラジルにいる」とよくいわれます。真の日本人の一人が書いた、自分探し、アイデンティティー探しのレポートの最終回で閉めています。  


  • Posted by やまちゃん at 21:49Comments(0)

    2013年05月22日

    ブラジルから「皇居の勤労奉仕」来日に日伯ML仲間とオフ会交流

    まず『皇居の奉仕でご先祖に会えた』とのタイトル
    日伯(私たちの40年=W40)というML仲間の富田眞三氏がFaceebookに纏めた
    https://www.facebook.com/shinzo.tomita?hc_location=stream
    に、Yahoo!ブログ
    http://blogs.yahoo.co.jp/stomita2000/24662858.html
    にて、三部の分割構成で紹介します。

    その後、私が4/9に写真で紹介しました、FC2ブログ
    2013.4.9 W40春の両国「ちゃんこ霧島」にて歓迎オフ会 (東京・墨田区)
    http://1481.web.fc2.com/dejikame2b045.htm
    に、多摩地域のブログ
    http://yama1481a.tamaliver.jp/e341835.html
    との流れで、W40年という日伯ML仲間との歓迎オフ会を開催された事に通じます。  


  • Posted by やまちゃん at 05:24Comments(0)

    2013年05月18日

    参院選で党と人選びは世界に通用する教養の有無を前提に投票を!

    【19952】参院選で党と人選びは世界に通用する教養の有無を前提に投票行動を!
    やまちゃん 2013-5-18 10:08:00 New [返信] [編集]

    > ▼H.KAWAIさん:

    > ▼芥川 泥舟さん:お早うございます。
    >>
    >> 掲示板の上で、幾ら政治や世相を批判してみた所で、其れにより世の日本人の教養が、高まるとは思えないのを承知しながら、言わず居れないからこうして書き込みをしている訳ですが、 ・・
    >>
    >○「掲示板の上で、幾ら政治や世相を批判してみた所で、其れにより世の日本人の教養が、高まるとは思えない」のは、誰もが自分の考えを掲示板に書き込むのだけれど、自分の考えとは異なる他人の考えを理解しようとしないからなんです。
    >
    >○誰もが自己主張ばかり繰り返しておれば、掲示板であれ、ツイッターであれ、デモであれ同調者と反対者の割合は変わる事がなく、議論は成り立たず、従って世論を替える事は出来ないというのが理の当然なんです。
    >
    >○ですから、人々が考えを変えるとすれば、何かとんでもない事が起こってからという事になるのですが、原発の過酷事故が起こってさえ、今だに世論は脱原発へと向かっていないし、年間の自殺者数が3万人に達してさえ、誰も本気で憂える人はおらず、GKB47なんてフザケたような自殺防止キャンペーンをやる始末でしょう。
    >
    >○何かとんでもない事と言えば、「維新」の橋下が慰安婦問題に絡む発言で世界中から非難されていますが、これ、言っときますけど橋下一人の問題じゃありませんからね。日本人全体が同類と看做されますよ。なのに、テレビときたら「早く事態の終息を図らないと参院選への影響が」なんて見当違いな事言ってますよね。失望を通り越して絶望ですよ。

    日本と同じ価値観を持つ同盟国といわれている韓国。その韓国の大統領は日本の現政権とそれに付随する諸政党の中に戦前回顧へ向かう歴史認識の極右的発言(憲法改正案と従軍慰安婦他)が、多々目立つことから嫌われて米国の大統領と、日本版の日米機軸に相当する韓国版「韓米機軸」へ流れる。寄って次期参院選は思想的施策が戦前回帰的なのか如何かを分別し、何事もグローバル化した時代。世界に通用する教養力のある施策の資質が、政党政治家として在るや否やを調べてから、責任ある一票の投票行動を後になって後悔せず行使すべきものと考えます。

    http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1696&sty=2&num=15  


  • Posted by やまちゃん at 10:53Comments(0)

    2013年05月11日

    三鷹市市民協働センターで民主党国会議員と市議会議員とでトーク

    再度、
    【衆院本会議】「自民党にやる気がまったく感じられない」社会保障制度改革で長妻議員が厳しく指摘
    https://www.facebook.com/minshuto/posts/517290851664706

    私は上記の社会保障制度改革のテーマから外れるかもしれませんが。私は下記の感想を、長妻昭議員宛てに                                   本日、三鷹市市民協働センター2Fにて、都議会議員選三鷹市選出の中村ひろし議員と衆議院東京七区選出の長妻昭議員とのトークライブに参加して、名刺交換した山本芳雄です。
    若者たちにネット右翼的動向の拡大した様子を多々見かけるご時世。私のフェイスブックに主な点を拾い出して取り上げていますので、ぜひご覧下さい。
    https://www.facebook.com/yosio.yamamoto
    その他、主たるFBはメインに自民党と民主党へ9:1の割合で書き込んでいます。その他バーチャル政党の「老人党」http://6410.saloon.jp/ へも、同時に書き込んでいます。                                との書き込みを、長妻昭議員宛へ、この場にて一部書き込み文の修正したメールを送りました。                                      会場内での質問は、いま安倍内閣がアベノミクス人気の絶頂下、自民党内閣で民間の有識者を集めたスタッフを民間議員として政策の企画に寄与している事の影響力は大きいのに対し、民主党内閣時代には自民党政権のような民間の有識者を集めたスタッフが有ったのか無かったをまず問いかけ、各政策テーマの企画政策に民間の有識者として存在していたのかを聞いてみました。その答えは私からは、先の総選挙の惨敗を見るよう国民から信頼感の喪失を見れば解るのでは・・・。それには昔の自社二大政党時代に野党の社会党が「社会主義協会」と言う政策実現を企画する有識者スタッフが存在していたと思いますが、いまの民主党にはそのような影のスタッフは抱えていないような答えぶりでした。従って民主党式社会保障制度の年金改革で厚生と共済に国民年金との統合へ所得比例の最低年金制度の構築をするのに。党としての企画構想は持ち合わせていなく、自・民・公との三者か推薦した有識者を集めた審議会へゲタを預ける始末。与党が多数派としての優位さを数の論理を活かさず、他力本願的に宿題を、今年の夏までに構想をまとめさせると成って政策実現を、何時までも先に進められない現実を見せ付けて総選挙での信頼感を失った事と断じます。

    前記の続編。誰かが質問していました。テレビで放送していないので実態が解らないと。パソコンを持っていても使いこなせれば只の箱、インターネット選挙活動の解禁に役立つ情報源に、衆院インターネット審議中継を毎日、開催日に観る事を進めるビデオライブラリー http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=42736&media_type= より、 5/10に、長妻昭議員が発言した記録を調べて観ることです。http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=42736&media_type=wb&lang=j&spkid=22512&time=99:00:00.0  


  • Posted by やまちゃん at 22:28Comments(0)

    2013年05月10日

    新宿コマ劇場跡地と周辺界隈の今

    ・dc051001~003、010~012 新宿コマ劇場とクラブハイツが有った新宿東宝ビル
     2008.12.4 さようなら還暦未達成52年の新宿コマ劇場へ見学 (東京・新宿区)
     2008.10.16-12.26 新宿歌舞伎町クラブハイツのビックショー(東京・新宿区)
    ・dc051004 ムーランドールが有ったHUMAXビル
     昭和58年10月[1983]~平成6年3月[1994]迄、新宿歌舞伎町のスナック・クラブとグランドキャバレー盛衰史
    ・dc051005 新宿ミラノボウル
    ・dc051006 新宿歌舞伎町交番と東京都健康プラザハイジア・大久保病院ビル
    ・dc051007 まだ撤去せず頑張っているクテハナビル
    ・dc051013~016 花道通りと区役所通りを交差する所に昔からある風林会館ビル
     中規模キャバレー?「ロータリー」
    ・dc051017 新宿ゴールデン街
    ・dc051018 新宿区役所
    ・dc051020 区役通りから見たFSビル6Fにある「ともしび」



    http://1481.web.fc2.com/dejikame2a062.htm

      


  • Posted by やまちゃん at 16:29Comments(0)

    2013年05月06日

    自民党のFBを眺め日本の大学は'90年代教養部を廃止で崩壊へ

    正式名
    【19889】Re: 再び、自民党のFBを眺めて、日本の高等教育は'90年代に教養学部を廃止して崩壊へ向かっている!
    やまちゃん 2013-5-6 14:48:25 New [返信] [編集]
    http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1693&sty=2&num=5

    > ▼タミゾールさん:

    > さて、一般教養の問題ですが、「パンキョウ」と呼ばれみな無視してた教養課程を無くしたことは当然でしょう。
    >
    > 無味乾燥な大学入試を終えて、やっとこさ専門の好きな学問研究をできると思ったら、またぞろ高校の勉強を薄めたような一般教養なんてやってられない。多くの大学生はここで幻滅したので、早めに専門課程を始めるのは大賛成です。もともと、アメリカでも理想的なハーバードの教育構想を日本の全大学でやろうとしたのが無理というものでしょう。

    いや、学歴至上神話社会が確立した今、高卒程度の職業校は普通校へ転化させ、大学進学へ落ち毀れた高卒者たちの生存権は。ニートとか。昔の日雇い労働者に相当する、期間限定の派遣業とサービス業の仕事しか有り付けない現実を見るにつけ、法治国家として憲法14条違反を、正義の味方と言われる共産・社民も含めた与野党の自民・民主などの二大政治家たちは。暗黙に容認している事である。

    そして大卒者も家庭教育と義務教育期間内で、充分なる躾を親から身に付けずに、大学進学のための塾通いが親の躾と曲がった家庭教育との名で放置した漬けは、社会人としての教養となる明治生まれの教育勅語 http://www.meijijingu.or.jp/about/3-4.html 内の躾と見ても良い12の徳目を活かさない、大卒社会人の幼稚なる行為とモラルの低下した人材を、多数世に送り出させた罪は大きい。

    >
    > ただ、教養教育は必要なことは否めない。旧制高校なき後、その
    >代わりがなくなったので、リーダー養成の点で大問題だ。できるならば、大学の後半でやるべきでしょうが、就活やらで難しいので、
    >大学院の前期課程をそれに充てるべきでしょう。
    >
    > エリート大学は、入学条件に学力以外にスポーツや文化的な活動などを重視すべきかなとも思う。

    従って、何度も繰り返しますが(*)、大学院で躾と教養を学ばせるのではなく、『三つ子の魂百まで』と言うよう、頭の柔らかい年代の義務教育期間と大学入学した時点で、何度も厳しく躾を兼ねた教養とする教育勅語を、二十歳の成人に達するまで、必修科目として
    > そもそも、日本の教養概念は修養概念とも結びついていたので
    と誤魔化して言わずに、必ず身に付けさせるべきものと思う。

    (*)とは、
    ・躾として教育勅語 http://www.meijijingu.or.jp/about/3-4.html
    ・世界に通用する「教養」を身につけよう
    https://www.google.co.jp/search?hi=ja&lr=lang_ja&ie=utf-8&tbo=1&q=%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AB%E9%80%9A%E7%94%A8%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E6%95%99%E9%A4%8A%E3%80%8D%E3%82%92%E8%BA%AB%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%91%E3%82%88%E3%81%86

    それらを怠れば、
    故小室直樹氏(宗教的社会学者)の遺言である
    政官業のお偉い方たちに多く見かける社会を写す鏡
    ・日本人は法に疎い?
    http://homepage3.nifty.com/junsoyo/kai/kmemo/khiro4.htm
    ・日本教
    http://www.dailymotion.com/video/xxhxe__news
    のような例に、「子は親/社会の背中を観て」育つ事となる!
    事による、自民党のFBから
    >小川 大輔氏のプロフィール
    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=495038207216370&set=a.450944694959055.107356.154551137931747&type=1#!/daisuke.ogawa.967/info
    のような人物像が多数生まれることと成る!


      


  • Posted by やまちゃん at 19:06Comments(0)