たまりば

  日記/一般 日記/一般  三鷹市 三鷹市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2011年10月24日

三鷹市の「まちづくり懇談会」へ参加して三鷹市の将来像の姿は

三鷹駅前コミセンでの「まちづくり懇談会」
http://www.mitaka-sns.jp/modules/d/diary_view.phtml?id=245563&y=2011&m=10&o=&l=30
へ過去6回開催された最後の会場へ参加して、三鷹市の将来像は吉か凶かの感想。

まちづくり facebook 或はWikipediaより
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002328484551#!/pages/%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A/202455849778496
の元。

私が五年前に世田谷から三鷹市へ引っ越した三鷹市の第一印象は
・公共交通のバス路線はコミュニティ路線を重視して、普遍なる内外市民向けの路線バスを軽視した交通施策の鎖国的村社会に閉じこもる無能無策。
・駅前にマンション建設予定の乱立から防災避難など安全性と、公共交通機関の道路幅を都市計画で、駅前周辺から他の行政区域(区市町村)まで連携して先を読まず道路幅の狭さに悩ます後手後手の現実問題を見て、公共交通の路線バスは鉄道間連絡用路線バスが通れないのは市政の無能無策によるもの。

従って、三鷹市の将来像は既成慣習の既得権を維持した保守的改革案を拘って、今まで私がこの場にて提起してきた思案を大胆に改革せず、無視し続けるなら三鷹市の住民と各商店街は、宮崎県延岡市のJR延岡駅前がシヤッター通り或は、北海道夕張市のような財政赤字自治団体へ衰退するのかの分かれ道を考慮せねばなりませんね。  


  • Posted by やまちゃん at 10:23Comments(0)

    2011年10月03日

    高度成長期の消費者は王様と洗脳された浪費的魔窟を家庭内で観る

    今朝のNHKあさイチ番組「スーパー主婦直伝!納戸・押し入れ…我が家の“魔窟(くつ)”退治」
    http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2011-10-03&ch=21&eid=23853
    から類似として思う事。
    東日本大震災と大津波との複合的福島原発事故による電力消費の「節電」意識が生まれた意味は、高度成長期時代の消費(浪費)は王様=美徳から「節約(節電)は美徳」へ、温故知新的に昔の慣習へ呼び戻させた先祖帰りに通じるものと考えます。

    昔だったら、ガスと電気のバランスが取れたエネルギー消費は、電力会社と電機メーカーが結束して効率的便利さのオール家電へ利用すること洗脳された結果、電気とガスの需給関係は消費者にとって電力不足となるのは当然。
    従って資源エネルギーの無い日本列島の島国日本人がこれからも永遠に生きる道は、原発事故を切っ掛けに経済的景気不景気の損得を度外しても、自然界に対するあらゆる「節約意識」が芽生える浪費から節約・節電への美徳意識の改革が求められる流れを、これこそ真の日本人の生きる道としてリバイバル化追求をすべきものと思います。
      


  • Posted by やまちゃん at 08:57Comments(0)